事業実績

その土地の特性や条件にあわせ、様々な手法を駆使し、プロジェクトを成功に導きます。

ここにご紹介するのは、土地の有効活用のための計画立案・実行をプロの不動産プランナーや建築士が強力なブレーンとなり、プロジェクトを円滑・安全に遂行した実例の一部です。様々な制約や条件の中で私たちは、つねに最適の手法を駆使することを怠りません。

権利変換による共同ビル事業

ハイシティ清澄白河ステーションプラザ

底地権者1人、借地権者17人による共同ビル事業。事業方式は、借地権を所有権に権利交換をし、持分比率を決定する等価交換方式を採用しました。デベロッパーの選定も当社主導で行い、事業主を決定。地権者の持分床以外は分譲マンションとしました。当ビルの1階に地下鉄大江戸線の出入口を設けられるよう都営地下鉄と折衝を重ね実現。極めて快適なアクセスを享受できる環境になっています。

建築主:ナイス日榮(株) 建設地:東京都江東区白河 敷地面積:2154.37m² 建築面積:1358.49m² 延床面積:11,329.11m² 構造・規模:RC造一部SRC造 地下2階地上14階免震構造

ハイシティ清澄白河ステーションプラザの写真

1階左端が都営地下鉄大江戸線「清澄白河」駅の出入口になっています。


ターゲットマンション事業(音大生専用マンション)

シンフォニア大和

土地の有効活用例として代表的なのは、ファミリー層向けやワンルームの賃貸マンションですが、このマンションは「音大生専用」マンションとして特化。自室でピアノを弾くことのできるマンションです。音大生に限り入居してもらうシステムですから、入居者の「質」の水準も高く、安定的なマンション経営を可能にしています。

建築主:(有)セブン小菅マート 建設地:神奈川県大和市中央 敷地面積:1223.912m² 建築面積:531.202m² 延床面積:2446.752m² 構造・規模:RC造 地上6階

シンフォニア大和の写真

最上階には音楽ホールを設けています。


ひとつの敷地を「住宅と賃貸マンションに分割」する事業

ブランコート武蔵野 & G邸

都心に比較的広大な土地を所有されている方の「収益と節税」を同時に実現できる事業です。土地の半分は収益性のある賃貸マンションとし、半分はご自身が住まわれる住宅を新しく建て替えたプランです。土地を所有しているだけでは、様々な税金や維持管理費で損になる状況を一変する賢い土地活用の好例です。

[ブランコート武蔵野]
建設地:東京都豊島区高田1丁目 敷地面積:856.77m² 建築面積:326.45m² 延床面積:1220.37m² 構造・規模:RC造 地上5階

[G邸]
建設地:東京都豊島区高田1丁目 敷地面積:728.40m² 建築面積:173.21m² 延床面積:466.45m² 構造・規模:地下RC造1階 地上木造2階

プランコート武蔵野の写真

G邸

G邸の写真

ブランコート武蔵野


開発行為の認可による定期借地権事業

大津ヶ丘パークヴィラ

このプロジェクトは1992年8月に施行された新しい借地・借家法に創設された「定期借地権」を活用して進められました。当時、定期借地権を活用した分譲住宅では、開発行為をからめたものは皆無で、当プロジェクトが初めてのケースとして注目されました。この土地の自然環境を生かした街づくりをしたいという当社の考えを土地所有者も快諾。豊かさと静かさの両立する価値の高い住宅街が完成しました。

大津ヶ丘パークヴィラの写真1

各戸に塀を設けず、低い生垣とすることで開放的な街並みになっています

大津ヶ丘パークヴィラの写真2

住戸間には共有の遊歩道

大津ヶ丘パークヴィラの写真3

傾斜地の樹木は残し、住宅街を緑で囲っています

所在地:千葉県東葛飾郡沼南町塚崎 開発面積:24,886m² 用途:専用戸建住宅

さまざまな方式による地域開発の土地有効活用

等価交換方式・建設協力金方式・自力建設方式

都市近郊の農地は、住宅地の開発や道路整備などの基盤整備が進展することで、地価が上昇し、あわせて税負担も増大するため、農業を継続していくことが困難になっていきます。当社はそのような農家の方の信頼を受けて、所有している土地ごとの調査分析を行い、有効な節税対策をご提案。また地主さまの経済状況にあわせた事業方式を選択し、無理なくプロジェクトを進行させました。

自力建設方式による店舗の写真

自力建設方式による店舗

事業受託方式による賃貸アパートの写真

事業受託方式による賃貸アパート

建設協力金方式による店舗の写真

建設協力金方式による店舗

等価交換方式による店舗の写真

等価交換方式による店舗


自力建設方式による土地有効活用

LINKS

通りの道路拡張事業に合わせ、共同ビル事業としてスタートしました。工事着工時にはテナントもすべて決定し、事業主の行う1次側工事とテナントの行う2次工事を明確にし、また共用部分の使用規則も詳細に取り決めるなど、借主と貸主の諸条件も当社でまとめました。

建築主:(株)柏シティ・エステート他 建設地:千葉県柏市柏 敷地面積:498.12m² 建築面積:373.00m² 延床面積:1999.00m² 構造・規模:RC造 地上6階

LINKSの写真

LINKS


イーストンプレイス(公社共同事業システムを利用・複合ビル)

このプロジェクトは、永く工場経営をされてきた企業さまが、事業の見直しの一環としてスタートしました。(財)首都圏不燃建築公社の共同事業システムを採用することで、事業資金は金融公庫から全体の約8割の融資を受けられました。建物はワンルーム形式の賃貸マンションとし、一括貸上げによる事業をご提案しました。

建築主:(株)アイピー・コーポレーション他 建設地:東京都墨田区両国 敷地面積:576.54m² 建築面積:375.92m² 延床面積:3278.22m² 構造・規模:RC造 地上11階免震構造

イーストンプレイスの写真

イーストンプレイス